Discreet Desires

2,083円

売り切れ
商品についての問合わせ
Wish List

カセットで発表した初のフルアルバム"A Tape"で絶好調な黒いアシッド女子、Helena Hauffが三たびWerk Discsから! 力強くも情念あるうねり、それを的確にテクノへ昇華させるマシン使い、そして70sのパンク、80sなミニマルシンセから現代へ流れるインダストリアル脈の地下漆黒な尖り、どこをとっても死角なし。ますます今後が気になる人物です。お薦め!!!


■Helena HauffがActress主宰〈Werkdiscs〉よりソロ・デビュー・アルバムをリリースする。『Discreet Desires』と名付けられた本作は、ドイツはハンブルグの有名クラブGolden PudelのレジデントDJがインプロ・ワンテイクでレコーディングした最新のマシンファンクである。
2013年に3曲収録のEP「Actio Reactio」で〈Werkdiscs〉よりデビュー。以来、 F#xとのユニットBlack Sitesとして〈PAN〉、スイスの〈Lux Rec〉、オランダ名門〈Bunker〉のサブレーベル〈Panzerkreuz〉、テキサスのカセット・レーベル〈Handmade Birds〉などからリリースを重ね、ハンブルグのベッドルーム・スタジオで作られた彼女のむき出しのアナログ・テイストはテクノの中でも暗いエッジーなシーンで高評価を獲得。また同年に、ミニマルテクノのパイオニア〈Perlon〉によるマンスリ―イベント「Get Perlonized」でレギュラーDJを務めるなどしたJames Dean Brownが1983年に結成した、伝説的なインプロ電子ユニットHypnobeatに加入。TB-303、TR-707、そしてTR-808を駆使したポリリズミック・ジャムセッションでヨーロッパのクラウド達を沸かせた。 
Helena曰く、「マシンにも心があって、こちらの行動に対してちゃんと反応してくれる。そこには1対1の関係性が築かれているように思う。」とのこと。
ディープな10曲からなる『Discreet Desires』は、音楽が尖鋭的な力をもち、全てを統一するムーブメントであるというHelena自身の考えに根ざした作品である。パンク、ニュー・ウェーブ、インダストリアル、クラウトロック、または前衛エレクトロまで多岐に渡る彼女のセンスは、類まれな実験精神に基づき、そして煌びやかなメインストリームに両極的対立をなすものとして存在している。
Helenaは言う。「完全であるという事はつまらないわ。そもそもそんなものは存在していない、、、「死」の中以外にはね。「死」こそが完全なのよ。」



この商品は2015年09月04日(金)に登録されました。

この商品をお求めのお客様はこんな商品もお求めになっています。