Maté/Vallancien

2,992円

カートに入れる:

Wish List

MUST!Brigitte Fontaineのセルフタイトルでもその演奏を披露しているフランスのサックス奏者、Philippe Matéと、ピエール・バルーの主宰した同国大名門であり、70年代フランスの最前線を突っ走った孤高のレーベル、Barney WilleのMoshi等Saravahの諸作、そしてDon CherryのMuや、Musica Elettronica Vivaの名盤Leave The City等の名盤も手掛けた音響エンジニア、Daniel Vallancienの2名によるオリジナルは大変希少な1972年作が、同国のアヴァンギャルド・ミュージックを現代に再提示する発掘レーベル、SouffleContinuより初のヴァイナル・リイシュー!Daniel Vallancienにとって唯一の個人名義でもある激レア盤。Philippe Mateのサックスによるサイキックな響きや、Saravahらしい現地録音による親指ピアノなどフィールドレコーディングをスタジオに持ち込み、サイケな音響処理と共にフリージャズと合一させた異国新世界とも言える、フレンチ・アヴァンギャルド・フリー・ジャズの一大怪盤。まさに孤高の領域へと進出した驚愕の一枚。オリジナル・テープからのリマスタリング仕様。Gérard Durringerによるライナーノーツが付属。限定500枚。これは絶対にお見逃しなく!


この商品は2019年01月12日(土)に登録されました。