余韻(Resonance)

2,976円

売り切れ
商品についての問合わせ
Wish List

MUST!! これは全音楽好き必携の超強力盤!「ニューエイジ・ミュージック・ディスクガイド」掲載盤!昨今、巨大な再評価を浴びるピアニスト・作曲家の盛岡夕美子。レジェンド的プログレ・バンド、"Far East Family Band"(喜多郎、伊藤詳、深草アキ、宮下富実夫など、数多くのニューエイジ作家を輩出)で活躍し、自身も多くのニューエイジ作品を残したキーボーディスト、伊藤詳の自主レーベル〈Green & Water〉から発表したメガレアな87年作「余韻 (Resonance)」が、弊店でも大人気なMeiteiや7FO作品といった日本人作家を紹介してきたことでも知られる〈Métron Records〉より待望のアナログ復刻!

豊田貴志がバイオリンで参加、伊藤詳プロデュース!昨今、ニューエイジ・リバイバル勃興により、急速に人気の高まった作品で、オリジナルは本当に見つからない稀少盤です!朝日ジャーナル連載の「細野晴臣の音楽少年漂流記」の対談相手としても登場した人物で、4歳の頃からピアノを習い、高校1年生のときに米国・ワシントンD.C.へ留学し、ヨルダ・ノヴックに師事。以後、数々の米国のピアノコンテストで優勝又は入賞。宮下智のペンネームでは、田原俊彦やジャニーズ系のアイドルへの楽曲提供をおこない、作曲のみならず歌詞までも手がけてきた人物で、宮下富実夫の妹という説までも存在する盛岡夕美子の一大傑作盤。エリック・サティの「家具の音楽」といった西欧の前衛的なクラシック音楽から、ブライアン・イーノのアンビエント、そして、吉村弘や芦川聡などが80年代に日本で再解釈した環境音楽の命脈が息づくなかで、潮騒のフィールド・レコーディングといった自然音が空間的に響き渡る中で、日本人らしい間(ま)や静けさ、引きの美学を内包した自身の演奏するベーゼンドルファーのグランドピアノ、オーボエ、バイオリンなどによって、果てしなく開放感に満ちた可憐な音を織り上げた傑作モダン・クラシカル・ニューエイジ!収録曲の中でも一大クラシックな"Rainbow Gate"(A3)を聴くためだけでもこの1枚に触れる価値あり!時代を超越した魅力を存分に秘めたまさしくマスターピース的逸品。 Séance CentreのBrandon Hocuraの手によるリマスタリング。〈Métron Records〉主宰のJack Hardwickeが手掛けた新装アートワーク仕様。限定500枚。お見逃し無く!!!



この商品は2020年08月16日(日)に登録されました。

この商品をお求めのお客様はこんな商品もお求めになっています。