Pocket Planetaria

2,200円

カートに入れる:

Wish List

1981年にVanity Recordsよりカセットテープでオリジナルがリリースされた福島市の斎藤英嗣によるDEN SEI KWAN『POCKET PLANETARIA』が初の単独CD化。“因果交流、電燈は少年のズボンの隠しでカチコチなる一箇のビー玉であります(ポケット・プラネタリーム概論)” というテキストが添えられており、独特なサウンドに詩的なレイヤーを配すことでこの時期のVanity Recordsでも最も神秘性を体現した一作といえるだろう。

□作品概要
 1981 年に Vanity Records よりカセットテープでオリジナルがリリースされた福島市の斎藤英嗣による DEN SEI KWAN『POCKET PLANETARIA』 が初の単独 CD 化。
 1978 年に設立され、パンク以降の価値観で活動する新たなバンドや、バンド活動を経た音楽家のオルタナティブなアプローチなど、同時代の先鋭的 な音楽動向をいくつかの側面から捉えてみせた Vanity Records であるが、1981 年からのリリースでは “INDUSTRIAL MYSTERY MUSIC=工業神秘 主義音楽” という方向性が強く打ち出される。 この方向性を宣言したのがロック・マガジン編集部に送られてきた多数のカセットテープから厳選された音源を収録した 1980 年 12 月リリースのコン ピレーションアルバム『MUSIC』であり、単独の作品としてそのヴィジョンを示してみせたのが 1981 年 3 月に LP でリリースされた tolerance『divin』 であったが、以降のレーベル作品では時代の先端の音楽動向をよりスピード感を持って伝えるためカセットでのリリースが選択されることとなり、本作 もこの文脈と形態で発表された。
 本作のオリジナルは単独でのリリースもなされたが、“時代の風景としての騒音群” という意味を込め発表された『ノイズ・ボックス』という 6 本組 のカセット・ボックスの一部としても世に出ている点が興味深い。
 DEN SEI KWAN の音楽は無機的な反復音の存在や簡素なダビングによって形成されるといった点では他の『ノイズ・ボックス』収録作に通じるが、 多くの曲で反復音に拮抗するようなバランスで不規則な(または即興的、ランダム的な)振る舞いをするノイズ・サウンド、歪んだ物音、ラジオ音声 などが入り込んでおり、単一の規則では捉え切れない一風変わった音風景を描き出している。
加えて本作には “因果交流、電燈は少年のズボンの隠しでカチコチなる一箇のビー玉であります(ポケット・プラネタリーム概論)” というテキストが 添えられており、独特なサウンドに詩的なレイヤーを配すことでこの時期の Vanity Records でも最も神秘性を体現した一作といえるだろう。                         よろすず



この商品は2020年08月15日(土)に登録されました。

この商品をお求めのお客様はこんな商品もお求めになっています。