KiCk i

2,907円

カートに入れる:

Wish List

ビョーク、ソフィー、ロザリアら豪華ゲスト参加!すべての壁をブチ破る神をも超越したその存在感...アルカ、華麗なる変化を遂げた4作目ここに完成!

2017年にリリースした前作『Arca』でヴェネズエラのフォーク・ミュージックを再訪し、その異形エレクトロニック・ミュージックに“歌”を大々的に導入したアルカが、62分を超える時間のなかで激しく音像を変えていく衝撃的なシングル「@@@@@」を経て、様々な音楽要素がダイナミックにクラッシュする強力な最新作『KiCk i』を〈XL Recordings〉よりリリース。
多くの華やかなヴォーカル・トラックが詰まった本作は、インダストリアルな音色によるランダムでアグレッシヴなビートと抽象的なニュアンスを醸すシンセ・サウンドに、エモーショナルな歌といった多数の要素が次々と出現し、これまで誰も聴いたことのないエクスペリメンタル・ポップ・ミュージックが完成。
前作同様アルカ自身が声を聴かせる作品でもあるが、『KiCk i』には個性的なゲストも多数参加している。その筆頭はビョークであり、以前からアルカとめざましいコラボレーションを重ねてきた彼女は「Afterwords」で圧倒的な歌を披露している。
その他、ロンドンをベースとするプロデューサー/シンガーのシャイガールは「Watch」でまさにサイバーパンク的に機械的なスタイリッシュさを、ネオ・フラメンコのアイコンであるロザリアは「KLK」でラテンの刺激的な風を持ち込み、「La Chiqui」ではプロデューサー/DJのソフィーが実験主義とポップを大胆に交錯させている。
それぞれの楽曲でゲストの音楽性が引き出され、「自分の周りに常に感じていた壁を蹴って破壊することができた」と語るように、このパワフルなアルバムは人が変化のために渾身の“キック”をする瞬間のようなダイナミズムに満ちており、多様なアイデンティティを志した、全く新しい姿のアルカが誕生した。



この商品は2020年07月16日(木)に登録されました。

この商品をお求めのお客様はこんな商品もお求めになっています。