Emeralda

2,484円

カートに入れる:

Wish List

来年には中南米ツアーも行われるYoshitake EXPEを中心としたユニット、EXPEによる2012年スタジオ録音アルバムが登場!なんと今回はブラジルの巨匠パーカッショニスト、マルコス・スザーノが参加!ポリリズミックかつミニマルな演奏が独特の音楽性を獲得しています!アコースティックギターの瑞々しいアルペジオと詩的なアンビエント・ピアノがフィールド音と共に進行する美しいトラック「Episode」、キレの良いドラムスとギター、シンセのコンビネーションが見事な「Formura」、ジャーマン系のミニマル感をフレッシュに仕上げたような「Holizona」、ボーカルを取り入れたブラジリアン風の「Caleide」、オーバードライブ・ギターが気持ち良いフュージョン系の「Goya」と、どの曲もオリジナリティに溢れたまさにエメラルドのようなアルバム!この日本人離れしたワールドワイドな感覚はYoshitake EXPE氏ならではでしょう!パーティ好きはもちろん、アンビエント、ミニマル、ブラジル、フュージョン、ワールド等々を聴かれる方にまであらゆるリスナーにお薦めの強力な一枚です!(matsumura)

YOSHITAKE EXPEはギターを通じてスペシャルな音を鳴らしている、恐いもの知らずのミュージシャンだ。彼の独創的な楽曲、溢れるグルーヴ、取り囲むエフェクトは美しいアンビエンスを作りだし、私たちは予期せぬ驚きに満ちた方向へと持っていかれる。そして、もちろんEXPEは良き親友でもあり、私にとって彼と音楽的瞬間を共有するのは喜びである。
Marcos Suzano Pandeiro & Percussion

ジャパニーズビザールギター『テスコSpectram5』をメインギターに、多様なエフェクターと手作りの真空管アンプを組み合わせ、透明な輝きと暖かく浮遊感のある独特なサウンドで、アンダーグラウンドシーンに影響を与え続けているEXPE。今回のアルバムは比較的エフェクターが使用されていないにも関わらず、オーバーダビングやアコースティックギターを多用することにより、ハーモニックで万華鏡のようなギターワールドが展開されている。黒人ファンクバンドで活動していたルーツから、ガットギターのアルペジオや抽象的なアンビエントパートにも、鋭くグルーヴするファンクネスが感じられる。

EXPE自身がグルーヴ/ドラムマニアということもあり、マルコススザーノ、沼澤尚、千住宗臣ら国内外の実力派ミュージシャンが参加。収録曲のほとんどが変拍子やポリリズムで構成されているが、自然で馴染みやすい。複数のドラマーで構成された楽曲もあるが、編集はされておらず、実力派ドラマー達のタイトながらも有機的なプレイが聴ける。スザーノによる変拍子サンバのパンデイロをはじめ、ウルグアイのカンドンブレなど、ワールドミュージック的ビートの視点からも興味深い作品になっている。

録音エンジニアは過去のEXPE作品や初期ボアダムス、竹村延和などの作品で知られる、林皇志が担当。多様なエフェクトされた浮遊感あるエレクトリックギターの弦の響きや、ポリリズミックに織りなされたアコースティックな変拍子アルペジオに、ブラジルのパンデイロ奏者マルコススザーノや沼澤尚ら5人のドラマー達が織りなす多彩なリズムなど細部まで聴き応えのある作品になっている。
また多層にオーバーダビングされたギターのアコースティックとエレクトリックそれぞれのうまみがバランス良くブレンドされ、立体感がありシャープながらも暖かみのある音に仕上がっている。真空管アンプやビンテージなバイノーラルマイクを使用したり、テープエコーなど様々な仕掛けを楽しめるトラック4、曲中のセクションごとにドラマーが入れ替わるトラック2にも注目してほしい。

Get the Flash Player to see this player.
Get the Flash Player to see this player.

 



この商品は2012年09月29日(土)に登録されました。

この商品をお求めのお客様はこんな商品もお求めになっています。