Aunka Ma Kwacha

2,731円

カートに入れる:

Wish List

4ヶ国語を組み合わせたアフリカ・ザンビア産実験的サイケデリック・フォークロア!リズミックに躍動するドラム・マシンのビート、乾いたアフリカの風を感じさせるハーモニーとヴォーカル・スタイル、USフォークやカリンデュラ、ザムロックなど、種種雑多な要素を取り込んだ折衷的ごった煮サウンド。1976年にザンビアの作家/作曲家、Smokey Haangalaが残した1stアルバムがSéance Centreより再発!本作の歌詞における、ベンバ、トンガ、ロジ、英語という一風変わった言語の取り合わせもザンビアの複雑な文化的交差点を示唆しており、当時のザンビアでは全く知られていなかったシンプルなドラム・マシンのビートによる旺盛な実験精神のほどは、往年のFrancis Bebay、Sly Stone、Shuggie Otisとも比較される模様。もちろん、実験性だけでなく地に足のついた確かな民族性・土着性の芯の強さも相まって、暖かで躍動的なザンビアのポピュラー・ミュージックとしての旨みも十二分に感じられる聴き心地の良いアフリカン・グッド・タイム・ミュージック。大推薦!


この商品は2019年12月22日(日)に登録されました。

この商品をお求めのお客様はこんな商品もお求めになっています。