MERZBOW x KAORU SATO - KYOTO OCT 21 2018

3,300円

カートに入れる:

Wish List

2018年10月21日、京都メトロにて行われた「スローダウン」、「φonon(フォノン)」、「きょうレコーズ」という3つのレーベルのショウケース・イベントにおいて実現したメルツバウと佐藤薫の初セッションの録音がCDとLPの2フォーマットでリリース!LP版となる本作ではA面に当日の共演の録音をそのまま収録。B面には共演の前後に切れ目なく行われた両者のソロ演奏を基に、各々がエディットやミックスを施した2つのトラックが収められている。デザイン性の高い発音を行う佐藤薫と、音程や音量の上下動を即興的に操り広く帯域を横切るような動きを多用するメルツバウ、両者の振る舞いの違いによって曇りや誤魔化しのない音の交錯と交感が実現した刺激的な一夜の記録だ。

<作品概要>
この2人の交錯を歴史的邂逅と位置づけるのも決して大袈裟ではないだろう。
時にノイズ・ミュージックの代名詞のようにも語られ、極端に歪んだ響きを多用しつつ40年に及ぶ活動の中で数多の試みを行ってきたメルツバウと、80年代にEP-4の首謀者として伝説的なパフォーマンスと作品を残した後沈黙し、近年になって新たなユニットやレーベルの始動、大胆なアンビエントやノイズへの接近など刺激的な活動を展開している佐藤薫。
ともに国内外問わず高い知名度と影響力を誇りながらも、共に音を出す“共演”といったかたちでは関りのなかった両者の初セッションが実現したのは2018年10月21日、京都メトロにて行われた「スローダウン」、「φonon(フォノン)」、「きょうレコーズ」という3つのレーベルのショウケース・イベントにおいてであった。そしてその日の演奏の記録が、この度CDとLPの2フォーマットでリリースされる。
LP版となる本作ではA面に当日の共演の録音をそのまま収録。B面には共演の前後に切れ目なく行われた両者のソロ演奏を基に、各々がエディットやミックスを施した2つのトラックが収められている。
両者の共演は、そこへ繋がるソロ演奏の流れを引き継ぎデザイン性の高い発音を行う佐藤薫と、音程や音量の上下動を即興的に操り広く帯域を横切るような動きを多用するメルツバウ、両者の振る舞いの違いが明確に聴き取れる演奏であり、それぞれのソロ演奏においても明確に示される方向性が共演時においても深く反映された結果、曇りや誤魔化しのない音の交錯と交感が実現している。
倍音の扱いとそこから導き出される音色の性格、音の配置や帯域のデザイン性、即興性の扱いなど、様々な視点からの検証にそれぞれに異なるハードコアなかたちで応えてくれる両者のサウンドは、多様化している現在の電子音楽の中でも非常にエッジーな表現がなされたものであるといえるだろう。表現にまつわるあらゆる側面を自身の意思でディレクションし、強力な実践を行ってきた両者の鋭いまなざしが今、どこを向いているのか、それは本作の音そのものが、つぶさに示してくれている。
よろすず

Track List:
A1. KYOTO OCT 21 2018
B1. KAORU SATO evil MIX
B2. MERZBOW MIX



この商品は2019年11月04日(月)に登録されました。

この商品をお求めのお客様はこんな商品もお求めになっています。