ethiosounds

2,200円

カートに入れる:

Wish List

(DLコード付属) これはとんでもなく素晴らしい一本!京都発のレーベル、ミカゲレコード = mikage recordsからは、大分拠点のトラックメイカーであり、エチオピア音楽のディープ・ディガーとしても知られるYueが、2015年にエチオピアのゴンダールやアディスアベバといった古都へと足を運びフィールド・レコーディングした音源がカセットテープで登場!

京都でパーティー「OUTPUT」を主催してきたナカムライタルが始動させたミカゲレコードのカセット第二弾!長きに渡るエチオピアの歴史の器量で生み出す息を呑む瞬間の数々には感嘆させられるばかり。これは手放しで大推薦。

2015年8月、大分を拠点に活動するトラックメイカーYueが訪れた東アフリカのエチオピア。その旅路の旧都ゴンダール、首都アジスアベバでの現地録音集は帰国直後より一部関係者の間で話題となり、一部CD-Rのみ流通してきましたが、今回このフィールド録音をミカゲレコードが150本限定でカセット音源化、リリースの運びと相成りました。
コーランの詠唱の様に呪術的な響きを持つエチオピア正教会の聖歌、浮浪者と吟遊詩人の路上でのコール&レスポンス、リズミカルな子供たちの歌声など、どこかしら郷愁を覚える独特の音像が辺境の領域を超えて琴線に触れて来ます。極東アジアの日本とのこの奇妙な親和性はエキゾチカ以上の興味深い事実であり、それ故にエチオピア音楽を昨今のフォルクローレ回帰でも特異な存在にしているのかもしれません。
本リリースにあたりエンジニアには KND (softribe.jp) を迎え、全編をリマスタリング!コラージュを含むジャケットデザインは博多MANOMAのNANOが担当。また付属のダウンロードには本編16bitのwavファイル、カセット本編には含まれていないedit作品等のボーナストラック×2と現地映像を収録。充実の内容を是非ご堪能ください。



この商品は2019年07月25日(木)に登録されました。

この商品をお求めのお客様はこんな商品もお求めになっています。