Tactus Tempus

2,597円

カートに入れる:

Wish List

失われた実験スコアを何とも意外なメンツが再構築した壮大なシンセサイザー・セッション!DominoやCity Slangからの諸作品も名高い人気シンセ・ポップ・デュオ、Junior BoysのJeremy Greenspanと、Caribouのツアー・バンドことCaribou Vibration Ensembleにも参加するRyan Smith主宰レーベルであり、Junior BoysやJessy Lanzaのアルバム・リリースも行っているカナダ・ハミルトンのGeej Recordingsからは、DominoやCity Slangからの諸作品も名高い人気シンセ・ポップ・デュオ、Junior BoysのJeremy Greenspanと、Caribouのツアー・バンドことCaribou Vibration Ensembleにも参加するRyan Smith主宰レーベル、Geej Recordingsからは、Dan Snaith(Caribou)やSam Shepherd(Floating Points)、Joe Goddard(Hot Chip)、Jeremy Greenspan(Junior Boys)、James Shaw(Simian Mobile Disco)というメンバーが集結した超豪華ユニット、A Pulse Trainによる実験パフォーマンス作品が堂々リリース!本作は、1973年に作られたグラフィックを元にした実験スコアのライブ・パフォーマンスをどういうわけかインディ・ダンスを代表しているとも言うべきこの異様なメンツが演奏することとなった一枚。元々のスコアを製作したのは、David Rosenboomの金字塔「Brainwave Music=脳波の音楽」(Black Truffleから近くレコードで再発されます!)や「Invisible Gold」の中でもパフォーマーを務めているアメリカ人作曲家Frank McCartyで、この録音は2016年6月にJoe Goddard(Hot Chip)のロンドンの地下スタジオで行われたもの。オリジナルの録音はEMS Synthi5台によって行われたものですが、今作では、Eurorack ModularやRoland System 100、Yamaha CS80、Buchla 200eなどを始めとする実に9台のシンセサイザー/モジュラー・シンセを駆使し、独自に新たな解釈を施した余りにも濃密なセッション音源。McCartyのグループ、BIOMEのプロジェクトによる1973年の録音から正規ライセンス。傑作!


この商品は2019年05月21日(火)に登録されました。