Unjust Malaise

5,897円

カートに入れる:

Wish List

Meredith Monkのアンサンブルで初の男性ヴォーカルを務め、Arthur Russellともコラボレーションを行っていた黒人作曲家、ピアニストにしてヴォーカリストのJulius Eastman(1940-1990)が残した作品をほぼ網羅した3CD。楽曲を構築するにあたってミニマリズムのプロセスを適用し、楽曲内各セクションがそれに先行する箇所が累積的に重複する「オーガニックミュージック」と呼ぶ独自の曲技法を開発。Blumeからも先日ヴァイナル化されましたが、それら全ても含む決定版的内容。アフリカ系アメリカ人で、同性愛者でもあったJulius Eastmanの作品の中で最もスリリングで物議を醸す作品シリーズ。1970年代と1980年代の最も重要でありながら、無視されてきた素晴らしい作品へと新たに光を当てた重要リリース。


この商品は2019年04月05日(金)に登録されました。

この商品をお求めのお客様はこんな商品もお求めになっています。