京極流箏曲 新春譜

2,482円

カートに入れる:

Wish List

「考えうる最高レベルの古今東西融和」(俚謡山脈)を人知れず成し遂げていた幻の傑作であり、現代のアーティストや作家達を惹き付けてやまない秘曲、京極流箏曲「新春譜」。作者、雨田光平の貴重な自演と電子音楽の名工、SUGAI KENによるリワークをカップリングしてお届けする必殺の1枚。

<京極流>は明治に創設された箏曲の流派であり、その二代宗家である雨田光平は福井県生まれの彫刻家/画家/作曲家で、日本に本格のハープ奏法(注記)を持ち帰ったハープ奏者でもある。京極流は箏曲界のスーパースター、宮城道雄らの「新日本音楽」に先立ち(※雨田と宮城は親交が深かった)、黛敏朗、諸井誠、武満徹らが台頭するよりも前、歌唱と演奏の両方で古今東西の均整の取れた合体に成功していた驚くべき例で、誤解を恐れず字義のまま言えば日本式<シンガー・ソングライター>の始原といえる。

この「新春譜」は画家・青木繁の描いた古の神々のイメージを創作源に、雨田が昭和30年頃に作曲し、京極流箏曲が福井県無形文化財に指定された後、昭和45年に出版した自主制作LP収録のヴァージョンで、琴、笙、ハープを含めた6名で合奏・歌唱したものだ。

対するSUGAI KENのリワークは現代音楽/RVNG/HIPHOPをメビウスの環のようにつないだ作品で、リワークというよりはもはやオリジナル新曲と言っていい。

京極流箏曲と「新春譜」を考察した切れ味鋭い解説も必読!

---------------------------------------
注記:雨田が日本に持ち帰ったのはフランス本流のグランドハープの奏法で、グランドハープ奏者として帰国デビューを飾っている。
---------------------------------------

解説:北村卓也
マスタリング:倉谷拓人(Ruv Bytes)
装丁:木村銀次

=仕様=
CD版:通常ジュエルケース/24Pブックレット封入/日本語・英語表記
10" VINYL版:ライナー封入/日本語・英語表記

TRACKS:
01. 新春譜 - 雨田光平 (9:27)
02. 新春譜(SUGAI KEN Rework)- SUGAI KEN (7:41)



この商品は2019年03月18日(月)に登録されました。

この商品をお求めのお客様はこんな商品もお求めになっています。