Kouta Katsutaro

1,439円

カートに入れる:

Wish List

戦前のブルースから移民の音楽、南米のフォークロアを始め、世界各地の骨董音楽を掘り起こす名カセット・レーベル、ボブ・ディランの名曲からその名を取ったDeath Is Not The Endが遂に戦前の日本の音源へと着手!1930年代に活躍した芸者出身の女性歌手、小唄勝太郎(1904-1974)の貴重なSP盤音源をコンパイルしたカセットが登場!小唄勝太郎は、戦前の大ヒット歌手であり、佐々木俊一作曲の「島の娘」が放送されて反響を呼び、翌1933年(昭和8年)に発売されたレコードは発売から3ヶ月で35万枚のセールスという金字塔となっています。当時の著名な音楽評論家に「『島の娘』より、ベートーベンの方が好きだという人がいるとしたら、その人は日本人ではなくドイツ人である。」と絶賛されたほど。同じビクターからの市丸、コロムビアからの赤坂小梅、ポリドールからの新橋喜代三などなどの芸者出身の歌手は当時人気を博しており、特にライバル関係であったとされる市丸とは「勝市時代」を築いたとのことです。伝統的な民謡の中へと西洋のクラシックやブルース、ジャズの要素を落とし込んだスタイルの流行歌であり、大変趣深い民謡世界が炸裂する超絶必携作品。これは日本人なら一家に一本持つべきでしょう!限定版。MUST!


この商品は2019年03月02日(土)に登録されました。

この商品をお求めのお客様はこんな商品もお求めになっています。