Antimony

2,160円

カートに入れる:

Wish List

メルツバウのアーカイブシリーズ、1979~1981年までの『Early Sessions』、1982~1984年までの『Early Cassettes』に続き、1984年からのシリーズがスタート。まずは1984~1986年までの6作品が順次リリースされる。
「Antimony」は1985年のカセット作品‘Sadomasochismo’の 1st テイクに当たる音源。同カセットに収録されたテイクと比較すると一曲目以外はほぼ別の音源となっている。また、ここに収録された音源はMerzbowのコラージュサイドの傑作「抜刀隊 with Memorial Gadgets」用に作られた未使用作品の一部でもあり、つまりは複数の意味で埋もれた音源が、今ようやく日の目を見る。

<作品概要>
「Antimony」は1985年にZSF Produktから出されたカセット作品‘Sadomasochismo’の 1st テイクに当たる音源。同カセットに収録されたテイクと比較すると一曲目以外はほぼ別の音源となっている。また、ここに収録された音源はMerzbowのコラージュサイドの傑作「抜刀隊 with Memorial Gadgets」用に作られた未使用作品の一部でもあり、つまりは複数の意味で埋もれていた音源といえる。
本作品の制作時期に当たる80年代半ばはMerzbowにとって、Throbbing Gristleの登場以降に世界中に起こったインダストリアル・ムーブメントとの共振を感じさせつつ、テープを中心とした多彩な音源の使用、機械的なループの援用と歪んだ音色の徹底的な過激化によって独自のインダストリアル・ノイズのスタイルを確立させた時期であり、そのキャリアにおける最初の到達点ともいえる。
本作にはひび割れた具体音や爆撃のようなノイズのループが殴り合うように交錯する1曲目を筆頭に、空間を塗りたくるようなノイズの矢継ぎ早な投下を共通の特性として示す全4曲が収録されており、読経や器楽のサンプル、具体音などを用いたコラージュ技法が「抜刀隊 with Memorial Gadgets」の未使用音源としての立ち位置を改めて示すような3、4曲目でさえも、そのサウンドは飽和に向けて突き進むような頑なにラウドな指向を持っている。
「調律された騒音機械」とはルイジ・ルッソロが発明した楽器イントナルモリの日本語訳だが、ここに収められているのは正にある種の統制≒調律と、その過激かつ執拗な複層化による瓦解を以ってのみ到達できるレベルの芸術的な騒音だ。 よろすず



この商品は2019年03月02日(土)に登録されました。