Voices Of The Lady

1,483円

カートに入れる:

Wish List

1930年にセントルイスのリベラルのユダヤ系の家庭に生まれ、高校の頃より、オハイオ出身の詩人ケネス・パッチェンにインスパイアされた詩を書き始めたビート詩人Stuart Z. Perkoff(1930-1974)。西海岸を経た後、ヴェネチアに定住し、ビート・シーンの中心人物となり、アメリカの実験映像作家、ウォーレス・バーマンの「Semina」のような前衛的なジャーナルに掲載された詩もあるものの、多くは未発表のままとなっています。死後の1998年にNational Poetry Foundation (NPF)によって「Voices Of The Lady」として出版された詩の一部のであり、1971年にデンバーのKFMLラジオで録音された朗読を収録した貴重なカセット・テープ。インサート付属。限定80本。



この商品は2019年02月27日(水)に登録されました。

この商品をお求めのお客様はこんな商品もお求めになっています。