Wanderer

1,971円

売り切れ
商品についての問合わせ
Wish List

一推し!Another Timbreが昨年に始動したカナダの作曲家にフォーカスしたシリーズの第1弾から堂々の登場を果たしたニューヨーク出身カナダ在住の女性作曲家であり、Artifact MusicやMaria de Alvear World Editionにも在籍し、Urgeの一員としても活動、そして、Morton Feldmanのレクチャーも受けていたLinda Catlin Smithの最新作が今年も同レーベルから登場!
80年代にはカナダ産アヴァン・カセットマガジンの「Musicworks」を監修していた同氏。2017年の前作は弊店でも大人気だった一枚。洗練された美を見せつける限りなく澄み渡った室内楽作品の8曲を収録。前作同様、演奏は現代音楽等を中心に演奏している実験音楽集団、Apartment House。繊細なタッチで現と幻想の境目の景色を描く、Philip Thomasによるソロ・ピアノ・パフォーマンスや、うるうると涙腺滲むThomasとMark Knoopによる鮮やかなピアノ・デュオ、静寂の中に熱量ある演奏が詰め込まれたパーカッションとチェロの為の作品など、見どころたっぷりです。今作も彩り深く、アヴァンに美しい楽曲の数々が揃った好盤ですよ!彼女の音楽を未体験の方も是非。大・大・大・大・大推薦!

played by Apartment House:
Philip Thomas (piano)
1- Morning Glory (2007) 12:43 Anton Lukoszevieze (cello)
2 - Music for John Cage (1990) 3:28 Mira Benjamin (violin)
3 - Stare at the River (2010) 12:21 Heather Roche (clarinet)
4 - Knotted Silk (1999) 4:33 Nancy Ruffer (flute)
5 - Sarabande (2010) 8:35 James Opstad (double bass)
6 - Velvet (2007) 14:59 Chloe Barrett (trumpet)
7 - Wanderer (2009) 12:03 Simon Limbrick (percussion)
8 - Light and Water (2010) 6:01 George Barton (percussion)                                                                                
Mark Knoop (piano)
Jack Sheen (conductor)



この商品は2018年09月08日(土)に登録されました。

この商品をお求めのお客様はこんな商品もお求めになっています。