意識に先立って - ニサルガダッタ・マハラジとの対話

2,700円

カートに入れる:

Wish List

ニサルガダッタ、最晩年の書!
『アイ・アム・ザット』と並ぶ代表作
意識を超えた究極の真実がここにある!


本書は1980年から1981年、ムンバイ(旧:ボンベイ)で
ニサルガダッタ・マハラジが84歳で死去するまでの間におこなわれた
質疑応答の録音から筆耕されたものです。

『アイ・アム・ザット 私は在る』(ナチュラルスピリット刊)から始まった、
最も啓示的で啓発的な対話を継続しています。

ニサルガダッタ・マハラジの親しい信者であり、本書の編者であるジーン・ダンは、
彼の最晩年を共に過ごしました。
最後の2年間、ニサルガダッタ・マハラジは、世俗生活とその改善に関する一切の質問 を受け付けず、
ただ最高の真理だけを教えたといいます。

「彼のたった1つの文章でさえ、ウパニシャッドのようでした。
答えるとき、彼はぶっきらぼうで、鋭く、誰のエゴにも配慮しませんでした。
事実、彼が述べた目的は、この『偽実体』を破壊することだったのです。
彼の存在の中にいることは、真理の力強い響きを感じることであり、
それは描写不可能なことでした。彼は眺めるには驚くべき存在でした
……人はただ完全なる愛と驚きで、彼を眺めることができただけでした」
と語ります。

ニサルガダッタ・マハラジは何を語っているのか?

本書の原書のタイトルは、"Prior to Consciousness"。
つまり「意識以前」の話であり、意識以前とは、言葉を変えれば「観念以前」
「言語・思考以前」「経験以前」とも言え、
ニサルガダッタ・マハラジの言葉を使えば「私は在る」(I AM)を超えた「絶対の状態」ということです。

それは本当は言葉で説明できる次元ではありません。
それでもニサルガダッタ・マハラジはできるかぎりを語り続け、
「観念の泥沼にはまり込まずに、ただ在りなさい」
「理解がすべてである」
という指示を与えます。
末期癌の苦痛のため、ニサルガダッタ・マハラジは最小限の言葉しか話せなくなり、
そのわずかな言葉の中に、自分のところへ来た人たちを最高の真理へ導こうとする
ニサルガダッタ・マハラジの慈悲と愛情があふれています。

ニサルガダッタ・マハラジは、下記のように本書で語っています。

「『アイ・アム・ザット 私は在る』がモーリス・フリードマン
によって翻訳されているので、人々はそれを読むことだろう。
そして、ジーン・ダンの本はもっと重要になるだろう。
私には神や霊性に関するどんな知識も欠けていない。
なぜなら、私はこの子供-原理(child-principle)が何なのか、完全に知っているからだ。
あなたがこの無知なる子供-原理、存在を知るようになれば、どんな霊的追求、
あるいは世俗的追求においても、何一つ欠けるものはなくなることだろう。」



この商品は2018年05月11日(金)に登録されました。

この商品をお求めのお客様はこんな商品もお求めになっています。