Midnight In Tokyo Vol. 1

  • artistV.A.
  • title: Midnight In Tokyo Vol. 1
  • labelStudio Mule
  • catNo: StudioMule1CD
  • formatCD

2,484円

カートに入れる:

Wish List

全シティ・ポップから和モノ愛好家へ朗報!桑名晴子に当山ひとみ、高村亜留、果ては再評価著しいBetter Daysの雄、Colored Music(橋本一子在籍)までも収録!Music From Memoryから初期音源集がコンパイルされてよりいっそう注目集まる札幌の名プロデューサーKuniyuki Takahashiやルーマニア・シーンの代表格、Petre Inspirescuなど、国内外問わず先鋭的なクラブアクトの作品を数多く世に送り出してきた東京の名レーベルmule musiqが、1970年代、80年代のジャパニーズ・ディスコ&ブギーをコンパイルした激アツなコンピレーション『ミッドナイト・イン・トウキョウ』を新レーベルstudio mule第1弾作品としてリリース!

10年代後半に至ってもよりいっそう熱を帯びてきたように感じられるジャパニーズ・シティ・ポップから近年の「和モノ」ブームのアイコンとも言える数々の名歌手・グループを収録した驚異のショーケース!オブスキュアなセレクトを求める人にも納得の陣容。Curtis Creek Bandの八木のぶおや清水信之、Honma Expressなどを始め、有名無名を問わず、未再発・未編集なレア音源も多数収録しており、これらの再評価のムーブメントを総括する貴重なコンピレーション・アルバムと言えるでしょう。ディスコ〜ブギー・ファンク、ソウル、シンセ・ポップ、YMO〜マライア周辺、これらのワードに反応した方はもうイチコロなのでは?昨年末にCultures of Soulが発表した「Tokyo Nights: Female J-Pop Boogie Funk (1981-1988)」とも併せて強力レコメンドな一枚です(こちらにも当山ひとみが収録されてますね)。部屋聞きはもちろんのこと、LP版はDJでのプレイにも最適な強力盤。マスタリングはKuniyuki Takahashi!こりゃ文句無シです!


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ハウス、テクノ、アンビエントを中心にリリースするmule musiq、よりオルタナティブなダンスミュージックをリリースするendless flightとエレクトリックミュージックのあらゆる側面にフォーカスして来たmule musiqの新レーベルstudio muleは、少しクラブミュージックから離れ、これまでよりも音楽的制限を無くし、その時々にフィットする少し変わった面白い音楽をリリースして行く予定で、まず初めは日本の音楽を中心にリリースして行こうと考えています。

ハーモニカ奏者八木のぶおによる国産アフロディスコ傑作 “mi mi africa"で幕を開け、数多くの楽器をこなすマルチプレイヤー清水信之が若干19歳の時にリリースしたファーストアルバムに収録されている彼が多くの楽曲のアレンジを務めたepoがコーラスで参加しているジャジーなフュージョンディスコ"silver top"、ヴォーカリスト山本圭右を中心とするバンドpiperのセカンドアルバムにして最高傑作といえるsummer breezeに収録されている山下達郎ライクな"samba night"、桑名正博の実妹でもある桑名晴子がフリーソウルクラッシック"million stars"で知られるmackey feary bandがプロデュースしハワイで録音されたジャパニーズソウル傑作"あこがれのsundown"、詩人、彫刻家の高村光太郎の父、高村光雲の曾孫にあたる高村亜留のデビューアルバムに収録されたcheryl lynnのgot to be realへの日本からのアンサーとも言えそうな"恋は最高(i'm in love)"、日本のトレヴァーホーンと称され伝説のテクノポップバンドtpoのプロデューサーでもある本間柑治のプロジェクトhonma expressによるカルトエレクトリックポップ"what the magic is to try"、ymoのツアーサブメンバーでもあったピアニスト橋下一子とパートナーの藤本敦夫によるユニットcolored music唯一のアルバムに収録されているニューウェーブもシンセポップもジャズも飲み込んだジャパニーズレアグルーブの最高峰と言って過言では無い"colored music"、アイドルユニット少女隊のデビューシングルのbサイドに収録されているダビーなエレクトリックニューウェーブディスコ"electric city"は少女隊は全く歌っていませんが国産ダンストラックの最高峰、沖縄出身のバイリンガル当山ひとみのアルバム"next door"に収録されているthe whispers-it's a love thingのメロディーを引用したと思われる軽快なディスコ"love is the competition"、マライアプロジェクトのディーヴァ村田有美のファーストアルバムに収録されているファンキーでソウルフルなロッキンディスコ"krishna"、ルパン三世のエンディングテーマやdj krushの作品への参加でも知られるジャズヴォーカリスト大野えりが歌うchaka khan/i know you,i live youを連想させる"live hard,live free"、札幌のインディーレーベルparadise recordsからリリースされた本格派シンガーminnieを中心とする哀愁ディスコ"rocket 88"はインディーからリリースされていたとは思えない完成度、和製ディスコプロジェクト、イースタンギャングが手がけるアフリカ人の父とスウェーデン系アメリカ人の母との間に生まれたシューディーが歌うジャパニーズディスコ定番"tokyo melody"で締めくくる珠玉の全13曲。


01. NOBUO YAGI - MI MI AFRICA 八木のぶお / Mi Mi Africa (1979)
02. NOBUYUKI SHIMIZU - SILVER SPOT 清水信之 / シルバー・スポット (1980)
03. PIPER - SAMBA NIGHT パイパー / サンバ・ナイト (1983)
04. HARUKO KUWANA - AKOGARENO SUNDOWN 桑名晴子 / あこがれのSUNDOWN (1978)
05. ARU TAKAMURA/KOI WA SAIKOU(I’M IN LOVE) 高村亜留 / 恋は最高 (I'm In Love) (1985)
06. HONMA EXPRESS - WHAT THE MAGIC IS TO TRY ホンマ・エクスプレス / ホワット・ザ・マジック・トゥ・トライ (1980)
07. COLORED MUSIC - COLORED MUSIC カラード・ミュージック / カラード・ミュージック (1981)
08. SHOHJO-TAI & RED BUS ST PROJECT - ELECTRIC CITY 少女隊 & RED BUS ST PROJECT / エレクトリック・シティー (1984)
09. HITOMI TOHYAMA - LOVE IS THE COMPETITION 当山ひとみ / ラヴ・コンペティション (1985)
10. YUMI MURATA - KRISHNA 村田有美 / クリシュナ (1980)
11. ERI OHNO - LIVE HARD, LIVE FREE 大野エリ / リブ・ハード、リブ・フリー (1980)
12. MINNIE / ROCKET 88 ミニー / ロケット88 (1988)
13. SHOODY - TOKYO MELODY シューディ / トウキョー・メロディー (1981)



この商品は2018年04月12日(木)に登録されました。