ケニア~ニャンザ州の音楽

  • artistV.A.
  • title: ケニア~ニャンザ州の音楽
  • labelOcora
  • catNo: C56-1022/3
  • format2CD

5,400円

カートに入れる:

Wish List

フランスの民族音楽名門レーベルOCORAからケニアのニャンザ州の音楽を集めた録音が待望の再プレス!! ニャンザ湖周辺にはルオ族、南東ケニアにグシイ族、ケニアとタンザニアの国境にクリア族が暮らしており、彼らの音楽は、歌は独唱と合唱の呼応、竪琴や打楽器が用いられます。基本的にはリズミックでテンポが速く、祈祷的な意味合いをもったものが中心です。
アフリカの大地を思わせる、生命力に溢れた充足感のある音楽ですが、シェーカーや太鼓、声、びりびりとノイズを伴ったベース音、なんだかよくわからない音まで、それぞれのパートは独自の呼吸を持って強烈な並行を形作り、聴くものの意識を覚醒させます。またジャケットも最高で、大地まで震わせてしまいそうな特大の弦楽器を付き添えて先頭に写る初老の女性は、まるでその手に二つの宇宙をもっているかのようです。物理的な現象に導かれて、意図から離れたところで生まれてくるようなアフリカ各地の伝統音楽はどれもこれも本当に素晴らしいものばかりです。 各地の伝統録音をきく方はもちろんですが、幅広い方々が伝統音楽とふれあうきっかけになってくれたらいいなと思える一枚です。

Disc 1
ルオ族:捨てられた女/称賛の歌/一族への称賛の歌/弔辞/彼の生涯/踊りの音楽 グシイ族:収穫祭もしくは婚礼の踊り/旅立った人への称賛の歌

Disc 2
グシイ族:踊りの音楽
クリア族:称賛の歌 1/称賛の歌 2/もてなしの歌 1 牛飼いの音楽/ジバイ・ジバエ/足枷の踊り/もてなしの音楽 2/ もてなしの音楽 3/割礼の儀式のための歌/割礼の儀式のための連歌



この商品は2017年08月27日(日)に登録されました。