The Photographs of Charles Duvelle: Disques Ocora and Collection Prophet

7,940円

売り切れ
商品についての問合わせ
Wish List

これはお見逃し無く!一家に一冊! MUST!! Sublime Frequenciesからとんでもないリリースがきました。超高内容かつ世界中を網羅する民族音楽の録音で知られるフランスの国営レーベルOcora。その中でも1959年から1974年までOcoraで活動したCharles Duvelleの録音と写真をコンパイルした豪華セットです。CD2枚分にわたる録音は、Charles Duvelle本人によって選ばれており、いままで発表されたことのないものも含まれています。

各地の伝統音楽のフィールドレコーディングにおいて、50年代末から70年代という期間は、各地に伝統がまだ色濃く残っていたこと、外来種である西洋人と現地の方々との相互理解が進んだこと、ポータブルな録音環境の向上、三者全てが同時に成立していた、まさに黄金時代といえます。その時期に西アフリカ、インド、パプワニューギニア、ラオスと広範囲に渡ってCharles Duvelleが残した録音は、一編一編が、その地の人々の叡智のエッセンスが凝縮されているかのようにひっそりと真実の光を放つ宝石のようです。氏のアフリカはベナンでの録音は、地球外知的生命体や未来の人類が見つけて解読してくれることを期待し、1977年に打ち上げられた2機のボイジャー探査機にレコードとして載せられたようですが、それも納得の、完全な交信の音楽です。パプワニューギニアでの録音も海の静謐さを感じさせる神秘的な音楽で、Charles Duvelleという一人の録音家という視点で様々な録音をまとめることで、氏が後世に伝えたかったと思われる音楽の本当の姿がより立体的に立ち現れて来ることも非常に興味深く、さすがSublime Frequenciesと唸らざるを得ません。そして、氏の審美眼と音楽への愛に感謝したいと思います。

また、今回のリリースでは、ハードカバーの重厚な装丁によるブックレットが同封されています。彼は録音家であるとともに写真家でもあり、彼の撮った写真が掲載されています。188点のモノクロ写真と、58点のカラー写真を含む296ページに及ぶ大ボリュームで、これはもはやブックレットというよりは写真集といったほうがいいかもしれません(Ocoraのアナログ盤のジャケットも掲載)。いまは失われてしまった当時の姿を眺めながら、当時の音を聴けるなんて、音楽好きでよかったなと思うひとときでもあります。民族音楽が好きな方はもちろん、全ての音楽を愛する人に!!

なお、本リリースは僅か限定1000部のみとのことです。本作の普遍的価値を考えると、十分な量とはいえないので、これは掛け値なしにプレミア化必至。お見逃し無く!!



この商品は2017年07月09日(日)に登録されました。