Femenine

2,271円

カートに入れる:

Wish List

S.E.M. Ensembleにも関わっていた黒人作曲家、ピアニストにしてヴォーカリストのJulius Eastmanが'74年に作曲家フォーラムで披露した知られざる名演が、Thomas BrinkmannやMorton Feldmanの作品の発表もあるヘルシンキのFrozen Reedsから数十年の時を経てCD化!!!!

S.E.M. ENSEMBLEの楽隊奏でるヒプノティックな木管の響きが至福の安らぎを齎し、そして全身に染み渡りゆくストリングスの調べもまたあまりにも流麗。Meredith Monkのアンサンブルで初の男性ヴォーカルを務め、Arthur Russellともコラボレーションを行っていたモダン・クラシカル作家でもあるJulius Eastmanですが、非常に深いミニマルへの造詣とコンテンポラリー・クラシカルへの熱意が窺える貴重な一枚です。マスタリングはMuddy WatersやHowlin' Wolfなども手がけるベテランDenis Blackham監修。4枚のパネルカード・スリーブと折り込みのポスター封入。MUST!!!!!



この商品は2016年09月17日(土)に登録されました。