Sherwood At The Controls - Volume 2: 1985 - 1990

  • artistV.A.
  • title: Sherwood At The Controls - Volume 2: 1985 - 1990
  • labelOn-U Sound
  • catNo: ONULP132
  • format2LP

2,547円

カートに入れる:

Wish List

世界中で高く評価された前作『 Sherwood At The Controls Volume 1 』に続き、リー・スクラッチ・ペリー、マーク・スチュワート、ミニストリー、KMFDM、タックヘッド、アフリカン・ヘッド・チャージらの楽曲をコンパイルし、エレクトロからインダストリアル、ノイズ、ヒップホップ、アフロビート、ダブまで、よりアプローチの幅を広げたエイドリアン・シャーウッドの80年代後期に焦点を当てたシリーズ第2弾が登場!

1984年、エイドリアンはその後の彼の方向性に極めて重要な影響を与えた3人のミュージシャン、「Rapper's Delight」で知られるシュガーヒル・ギャングでリズム・セクションを担当したダグ・ウィンビッシュ、スキップ・マクドナルド、キース・ルブランと運命的な出会いを果たし、タックヘッドを結成。彼らが築き上げたサウンドは、キャバレー・ヴォルテール、アインシュテュルツェンデ・ノイバウテン、ナイン・インチ・ネイルズといったアーティストらをも魅了し、そこから幅広いアーティストから依頼を受け、彼のサウンドが世界中に広まることとなる。
そして1986年、師と仰ぐリー・スクラッチ・ペリーと出会い、リー・ペリーのレゲエ/ダブへの情熱を再燃させ、そこからも数多くの名曲が誕生している。今作には、その時代に生まれ、これまで世に出ることのなかった秘蔵音源も収録。アフリカン・ヘッド・チャージ、ダブ・シンジケート等の看板バンドの音源も含む計5曲の完全未発表音源も収録。

Vinyl Tracklist:
A1. Mark Stewart - Hypnotised (12" Mix) (1985)
A2. Tackhead - Mind At The End Of The Tether (1987)
A3. Doug Wimbish & Fats Comet - Don't Forget That Beat (alternate dub) (1985)
B1. Flux - The Value Of Nothing (1986)
B2. The Unknown Cases - Masimbabele 89 (Adrian Sherwood Remix) (1989)
B3. Keith LeBlanc - These Sounds (1989)
B4. The Beatnigs - Television (Dance Mix) (1988)
C1. Pankow - Girls & Boys (1987)
C2. Ministry - All Day Remix (1986)
C3. Rinf - Big Bondage (Kinky Sex Wet Mix) (1987)
C4. KMFDM - Don't Blow Your Top (Adrian Sherwood Remix) (1988)
D1. Dub Syndicate - Snatch A Style (1985)*
D2. Lee Perry - Music & Science Madness (1987)*
D3. Bim Sherman - Haunting Ground Dub (1986)*
D4. African Head Charge - Hold Some More Version (1990)*
D5. Dub Syndicate - Early Mafia (1990)*

* = 未発表曲



この商品は2016年06月24日(金)に登録されました。

この商品をお求めのお客様はこんな商品もお求めになっています。