Cheap Imitation

  • artistJohn Cage
  • title: Cheap Imitation
  • labelCramps
  • catNo: CRS117CD
  • formatCD

1,201円

カートに入れる:

Wish List

Cramps Nova Nusichaシリーズ18番目は、武満徹、イアニス・クセナキス、高橋悠治らが参加した70年大阪万博鋼鉄館 [今日の音楽] にて高橋悠治の演奏により日本初演されたジョン・ケージのピアノ作品 「チープ・イミテーション」 である。

ケージは本作 「チープ・イミテーション」 で、エリック・サティと禅、そしてコンピューターという、言うなれば西洋と東洋、そして未来を交差させている。「チープ・イミテーション」 でケージは、サティが1918年に作曲した声と室内楽の為の曲 「ソクラテス」 から声楽パートを抜き出し、易の48通りのモードを組み込んだコンピューター・プログラムにより 「ソクラテス」 の旋律を組み替えるという作曲を行っている。

50年代に鈴木大拙から禅 (易) の教えを受け、積極的に自分の作品に易を取り入れてきたケージは、この 「チープ・イミテーション」 にてサティと禅 (易) へ最大の敬意を込めたオマージュを試みているのではないだろうか。素朴でロマンティックな響きを持つ、ポツリ、ポツリと爪弾かれる隙間の多いこのピアノ曲に、ケージの愛を感じる。



この商品は2016年06月23日(木)に登録されました。

この商品をお求めのお客様はこんな商品もお求めになっています。