Compassion Cuts, Tapes & Acetates

3,600円  2,520円
割引: 30%OFF

カートに入れる:

Wish List

スウェーデンのレフトフィールド良心Frak、80年代からの実験音楽レジェンド集団Big City Orchestra、イージーリスニング時代を彩ったフランスのギタリストRoger Davy、名門MIO Recordsに残されたイタロディスコのカルトPlustwo、Touchの巨匠Philip Jeckなどなど、808とヴォコーダーのジャムや、プロトハウス、シンセの深みもゴスペルの自主な輝きも、実験の奥底も備えたおもしろいコンピレーションがでました!

手掛けるのはブレイクビート時代からのテクノ伝説Thomas P. Heckmann。やわらかハウス〜ニューウェイヴな色で、音楽の垣根をこえたひとつのミックスとして聴ける広い世界観。とにかくもう選曲がすばらしいです。大推薦!!!!!


A1. Roger Davy ‘Brumes Sur Mars’
A2. Big City Orchestra ‘Kitty Push Here’
A3. Olivier Rogg ‘Final’
B1. PlusTwo ‘Fantasy’ (7” Version)
B2. Admas ‘Kalatashew Waga’
B3. Beatnik Love Affair ‘Bow Wow’
C1. Henrik Hektik & Thomas W. Sutter ‘Infernal Jet Waltz’
C2. Defuser ‘Bouquet Of Weeds’
D1. Frak ‘Uttoz Gives A Song’
D2. Philip Jeck ‘In Loving Memory’ (Walter Gibbons & Arthur Russell)
D3. Tetelestai ‘Prologue



この商品は2016年04月30日(土)に登録されました。

この商品をお求めのお客様はこんな商品もお求めになっています。