Luz de agua : Otras canciones

2,592円

カートに入れる:

Wish List

アルゼンチンのモダン・フォルクローレ史に燦然と輝く不朽の名作『ルス・デ・アグア』。あれから10年を経て、その続編となる新作が遂に発表。
カルロス・アギーレ・グルーポ『クレーマ』、アンドレス・ベエウサエルト『ドス・リオス』などモダン・フォルクローレ史に残る作品達と共に、多くの人々にとって一生聴き続けるであろう大切な1枚となった『ルス・デ・アグア』の続編が10年振りにリリース。
前作と同様に「水の輝き」を思わせる、透明感のあるサウンドや雄大な世界観はそのままに、鮮やかさを増した情緒豊かな楽曲たち。深みと耳当たりの良さを併せ持つ、近年のモダン・フォルクロ−レ・シーン最大の話題盤にして、これまでに数々の名作を生みだしてきた、カルロス・アギーレ主宰のレーベル「シャグラダ・メドラ」の歴史の中でも屈指の1枚と言える、素晴らしい作品です。


パラナを代表する詩人フアン・L・オルティス。パラナ河の美しい自然を讃えた哲学的な詩の数々は、リトラル地方のアーティストにとって創造の源泉とも言える重要なもの。
カルロス・アギーレに代表されるコンテンポラリー・フォルクローレ・シーンを中心に幅広く活動する3人のミュージシャン、セバスティアン・マッキ、クラウディオ・ボルサーニ、フェルナンド・シルヴァが、フアン・L・オルティスの詩にメロディーをつけたアルバム『ルス・デ・アグア』は、リトラルの風景をもっとも美しく描き出したアルバムとして、その多くの人々の記憶に残り、名作として語り継がれてきた。
そして10年振りに発表された本作『ルス・デ・アグア:オトラス・カンシオネス』は、切なく響くヴォーカル、ミナス音楽を思わせながらもより湿度のある独特の空気感など、前作のマジックはそのままに、3人のメンバーそれぞれが遂げた音楽的成長を反映した、非常に充実した内容となった。
普段はモダン・フォルクローレに馴染みがなくとも、カエターノ・ヴェローゾ/パット・メセニー/アンドレ・メマーリ/ヘナート・モタ&パトリシア・ロバートといった叙情性に富んだ音楽を愛する、全てのリスナーにお贈りします。
 
序文:吉本宏(bar buenos aires)
解説:河野洋志(bar buenos aires)



この商品は2016年02月06日(土)に登録されました。