Fanti Guitar in West Africa 1928, Vol. 1

  • artistKumasi Trio
  • title: Fanti Guitar in West Africa 1928, Vol. 1
  • labelASHERAH
  • catNo: ASH003LP
  • formatLP

2,660円

カートに入れる:

Wish List

西アフリカの港町には水夫や港湾労働者が集う安酒場が、かつてはたくさんあった。そこでの酒興の中で混血音楽、労働歌、賛美歌などが混じり合い、19世紀末に低賃金労働者達が演奏していた音楽はパームワイン・ミュージックと言われる様になる。その音楽を形成するにあたって大きく貢献していたのが、ヨーロッパ人に船員として雇われていたリベリアのクル人だそうです。そのクル人の船乗りからKUMASI TRIOの中心人物でもあるクワレ・メンサがギター奏法を教わり、ガーナのパームワイン・ミュージックの基礎を確立。ポコポコと大きな木箱を叩くパーカッションと、アルペジオを基本とした2人のギタリスト、酔っぱらっているような呟きとも取れる歌声から成る演奏は、非常にプリミティブで長閑。なだれ込む様な打楽器の演奏も強烈にスリリング。世界音楽遺産マスターピース!



この商品は2015年12月23日(水)に登録されました。

この商品をお求めのお客様はこんな商品もお求めになっています。