Nyanza

2,237円

売り切れ
商品についての問合わせ
Wish List

(DLコード付属) Awesome Tapes From AfricaやRVNGファンもみんなで騒ぎましょう。ダブやテクノの他、無数の音楽の影響を受けながら前進していく超爽快盤! ケニアと英国の混成バンド、オウニー・シゴマ・バンドの3枚目となる待望のアルバム『Nyanza』が完成! 大推薦です!!!

デビュー・アルバム『Owiny Sigoma Band』はケニアで、セカンド・アルバム『Power Punch』はロンドンにて制作、3作目となる本作『Nyanza』は、ケニアのメンバーのホームタウンにしてルオ・ミュージックの発祥地、西ケニアの ニャンザ州に集い制作。

バンド・メンバーは、ケニア人2名と英国人3名を核とするユニークな混成バンド。アフリカ伝統の8弦楽器 ニャティティの使い手ジョセフ・ニャムングと、ルオのパーカッショニストのチャールズ・オウォコ、そしてロンドンからはゴリラズのキーボード奏者を務める と共にからエルモア・ジャッド名義のリリースでも知られる才人にして、オウニー・シゴマ・バンドの中心的存在であるジェシー・ハケット (vox/キーボード)、そしてトム・スキナー(ドラムス)と、ルイス・ハケット(ベース)も実質的にはエルモア・ジャッドのメンバーで、トムはハーバー トやムラトゥ・アスタトゥケ のバックなどでも多彩に活躍している。

本作『Nyanza』は、「Luo Land」への旅の物語として、「(Nairobi) Too Hot」(M-1)は雑多な街からの脱出と丘へと向かう情景が描かれ、ヒプノティックなニャティティ・サウンドが特徴的な「Owour Won Gembe」(M-3)、熱狂的な「Changaa Attack」(M-10)と続き、バンドの旅路を描写していく。12時間にも及ぶニャティティのセッションから産み出された「Nyanza Night」(M-7)は、村で初めてライヴをした時の様子を描いたもの。

ダブやテクノの他、無数の音楽の影響を受けながら前進してい くバンドの音は、とにかく自然で、そこに伝統的なルオ・サウンドが絶妙にマッチしている。 『Nyanza』はとてもユニークな作品で、非の打ちどころがない程に様々なサウンドが溶け合い、アンビエンスと録音環境のエネルギーが反映されている。 柔らかいルオの歌声、伝統的なニャティティの音楽と抑えの効いたエレクトロニック・グルーヴが、中毒性と意外性を兼ね備えたサウンドクラッシュを実現。



この商品は2015年11月06日(金)に登録されました。

この商品をお求めのお客様はこんな商品もお求めになっています。