Percussion Und Elektronik

1,564円

カートに入れる:

Wish List

またCreel Poneが良いのをみつけてきてます。知られざるドイツ人電子音楽家、Klaus Hashagen (1924〜1998)が存命時に発表していた稀少盤、Percussion Und Elektronik! パーカッションを交えたライブエレクトロニクスなA面が聴きもので、奏者はDeutsche GrammophonやWERGO作品でも度々参加している独パーカッションの鬼Siegfried Fink。オーケストラを従えた曲もあり、全体的にギチギチと歪な電子音が揺れ、Creel Poneらしい通好みな1枚になってます!
(Tatewaki)



この商品は2015年03月31日(火)に登録されました。