バッハ、ブラームス、モーツァルト

1,080円

カートに入れる:

Wish List

(特価!!) デニス・ブレイン没後50年に忘れてはならない父の存在。ブッシュ、ゼルキンとのブラームスのホルン・トリオを核にした豪華な一枚。

ブッシュ、ゼルキン、オーブリー・ブレインのブラームスのホルン・トリオ録音はこれを越えるものがないと言われる位の名演奏・名録音です。録音の翌年の演奏会でも、「この演奏会を聴けた者は幸福である。トリオとして、昨日の演奏者たちは申し分ない。技術的な卓越、また、音楽的な感性の点からも、まさに理想的なメンバーであった(モーニング・ポスト紙、1934年3月8日付)」と絶賛されています。ブランデンブルク協奏曲第1番はデニス・ブレインの始めての公開演奏会でも取り上げられたもので、ブッシュが指揮とヴァイオリンを担当、父のオーブリーが第1ホルンを吹きました。この録音では第2ホルンをブラッドショーが吹いています。モーツァルトのホルン協奏曲第3番は当時まさに絶頂期にあったオーブリーの演奏です。デニスの録音も複数残っているので、親子で聴き比べてみるのも興味深いでしょう。(キングインターナショナル)

.丱奪蓮Д屮薀鵐妊鵐屮襯協奏曲第1番(録音:1935年)
▲丱奪蓮Д轡船螢◆璽痢箆寝察1933年)
ブラームス:ホルン・トリオ(録音:1933年)
ぅ癲璽張.襯函Д曠襯鷆奏曲第3番変ホ長調 K447(録音:1940年)
オーブリー・ブレイン(ホルン)
.▲疋襯奸Ε屮奪轡紂併愆)ブッシュ室内管弦楽団
↓アドルフ・ブッシュ(ヴァイオリン)、ルドルフ・ゼルキン(ピアノ)
ぅ─璽疋螢▲鵝Ε棔璽襯函併愆)BBC交響楽団
すべてSPより復刻



この商品は2014年10月21日(火)に登録されました。