Early Electronic Works - Nommos Visiting

2,582円

売り切れ
商品についての問合わせ
Wish List

一家に一枚。"インダストリアル"〜"ニューエイジ"〜"クラウト"へ繋がる重要シンセ歴史的音源"Nommos" + "Visiting"が2作まとめてまさかのHarmonia MundiからCD化!!!!
Talking HeadsやRamones、Blondie、Suicideの裏方作業に関わるだけでなく、自身も作曲家としてレコードを発表。その記念すべき1作目が意外にもTakomaから出版されたという81年の"Nommos"で、同時代のインダストリアルな感覚にも繋がる強靭な音の大きさ、歪み、ビートの破壊力が恐ろしく格好いい。そして翌年の2nd "Visiting"。こちらはその作風がクラウト〜ニューエイジのシンセポップ/電子音楽へと交わるように液状昇華し、柔らかく未来都市の幻想が漂うという問答無用の絶品もの。
両作ともに、現行シンセのキーワードのなんたるかを圧倒的な表現力でやり倒し、もう一周してこの手の音楽が主役に来た際にも必ずまた評価されるだろう紛れもない名作です。更には作品全体に貫かれた"瞑想"感覚もひしひしと見逃せない要素。改めて聴いてもやはり素晴らしいです。MUST!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
2013年作品
(Tatewaki)





この商品は2014年08月16日(土)に登録されました。

この商品をお求めのお客様はこんな商品もお求めになっています。