Heaven’s Lavatory

1,000円

売り切れ
商品についての問合わせ
Wish List

(DL付属) 最近ではCylindrical Habitat ModulesやDokuroからの単独作、Where To Now?のVAカセットで賑わせる本邦電子音楽家、Takahiro MukaiがbirdFriendから!

これまで40作品を超える数多くの作品を海外からリリースしてきたHakobune、最近ではDigitalisからのリリースやDOMMUNEへの出演など快進撃を続ける食品まつりa.k.a FOODMAN…国内外問わず活躍するこういったミュージシャンが評価されているなか、果たしてTAKAHIRO MUKAIは国内でどのくらい知られているだろうか…。

MUKAI氏も海外から数作カセットをリリースしており、今年だけで言えばイタリアのDOKUROからアルバムを一作、そしてUKのWhere To Now?のコンピに曲が収録された。
注目すべきはWhere To Now?の作品であり、このレーベルはPanからもリリースしているHelmや、NNAやFurther records、Opal TapesなどからリリースしているWanda Groupもリリースしている。
MUKAI氏が参加したコンピにはThe Trilogy TapesからもリリースしているTuff Sherm(aka Dro Cray)も並んで収録されている…など、つらつらと他の人の名前を使って宣伝しまっているが、是非とも実際に音を聴いていただきたい。
彼は大阪在住で、基本的にはアナログのシーケンサーやオシレーター、コンパクトエフェクターなどハード機材のみを使っており、シンプル&ミニマルなシーケンスの上に複雑に絡み合うサウンドがめまぐるしくエフェクトされているが、そのサウンドは純度も強度も高いと言える。
ライブ活動としてはあまり活発ではなさそうだが、アメリカの某有名レーベルからもリリースを控えているらしく、これからの活動に期待が高まる。
限定100本。
(YPY)

[ MUKAI TAKAHIRO ]
大阪市在住。妻と1女を扶養する会社員。1994年あたりから曲制作のコツを掴む。
現在は小型アナログマシンをメインとして8ステップの電子音をただただ放つのがスタイル。ちなみに小学六年時の修学旅行先はアマゾン川支流(ペルー北部)。



この商品は2014年07月12日(土)に登録されました。

この商品をお求めのお客様はこんな商品もお求めになっています。