Aube

2,400円

売り切れ
商品についての問合わせ
Wish List

大阪のシンセ女子2人組、SYNTH SISTERSの初アルバムが、オブスキュア・サウンド-桃源郷的音盤640選-の著者でもありDJでも活動するCHEE SHIMIZU主宰のレーベル17853 Recordsからヴァイナル化!!! 70sの宇宙から繋がる膨大なシンセの渦が繊細に、神聖に広がる故Aube中嶋昭文氏に捧げる大作仕様です。

大阪を拠点にノイズ・シーンとクラブ・シーンをまたにかけ活躍するフィメイル・デュオ、CROSSBREDのRIE LAMBDOLLとMAYUKoによる変名ユニットSYNTH SISTERSが、2014年に自主レーベルdovailifeよりCDリリースした1stアルバム『aube』を、同作品のサウンド・エンジニアKABAMIXの手によるマッドなリマスター・ヴァージョンで再構成しアナログ化。ノイズ界の大先輩でもある故AUBE中嶋昭文氏に向けたオマージュ的作品。アートワークには世界で活躍する画家のTOKIO AOYAMA氏による描き下ろし、hirokichillデザイン。

16分を超えるロング・ディスタンスで積層された電子音の波のうえをRie Lambdollのヴォイスが狂おしく遊泳するA1、広角な音場に身を置いていると気がつけばいつのまにか奥深くにある一点に意識が吸い込まれていくB2は、ある種の進化を辿ったクラウト・エレクトロニクスの蘇りと言える。キックが導入されていないにもかかわらずシンセサイザーの強力なアタックがビートを生み、渦巻きのように音のカオスへと引きずり込んでいくA2は、ドイツ・デュッセルドルフのSalon des Amateursでもフロア投下済み、「お前はクレイジーだ」と言われるほどの狂乱を引き起こした。空間をねじ曲げながら進行するブリープなドローンと微細な砂のごとく静かに舞い散る電子音で構成されたB1は、音に包まれているうちにいつのまにか平穏な世界へと誘われている。キラキラと輝きを放ちながらも果てしなく透明な電子音が神々しく降り注ぐB3は、偉大なる女神の復活を予言するかのよう。陰と陽、水と火、混沌と平穏、相対するすべては彼女達の女性性のあらわれである。



この商品は2014年06月05日(木)に登録されました。