Feelin Mood Guitar

2,484円

カートに入れる:

Wish List

フィーリン・ムードのギターで聞く、キューバ、アルゼンチン、ブラジル、メキシコ、スペイン、フランス、U.S.A.の名曲の数々。
キューバの街を歩いていると、そこら中から音楽が聞こえてきます。ホテルやレストラン、バーやカフェには、必ずと言っていいほど生演奏がつきもので、ソンやボレロなどのキューバ音楽から欧米のポップスまで、演奏ジャンルも様々。
このアルバムのギタリスト、アルベルト・ロペス・パドロンは、キューバの首都ハバナで活動しているそんなミュージシャンたちの一人でした。詳しい経歴などは分からないですが、2000年頃に制作されたキューバの大女性歌手エレーナ・ブルケの最後の録音を含むトリビュート・アルバム『エレーナ・ブルケに捧ぐ』のオープニングに彼の録音が取り上げられ(その録音は、今作にも収録、6曲目)ました。
本アルバムの録音は、その曲と同時期(やはり2000年頃)に録音されたもので、今回初めてCD発売されることになりました。
アルベルト・ロペス・パドロンのギターは、お聞きいただくように“フィーリン”の感覚が漂うとても自由なものです。“フィーリン”とは、1940年代にキューバで興ったモダーンな感覚を持った音楽ムーヴメントで、ジャズや映画音楽などの影響を受けながらも、自由な発想を伴った音楽です。ここ数年は、ホセ・アントニオ・メンデスやセサル・ポルティージョ・デ・ラ・ルスなどのフィーリンを代表するミュージシャンの録音が復刻され、ラテン音楽ファンのみならず、幅広い層に注目されています。
パドロンのかたちに囚われないギター奏法は、多分フィーリンからの影響が大きいのではないかと思います。もしかすると、フィーリンの歌手達の伴奏もしたことがあるのかもしれません。
選曲も多彩で幅広く、キューバの名曲を中心に、アルゼンチンのタンゴからメキシコのランチェーラ、ブラジルのサンバ、さらにスペインやフランス、U.S.A.の有名曲まで取り上げています。また、それらをメドレー形式で聞かせるのも大きな特徴で、次から次へとつなげてしまう能力も大したものです。演奏の途中で思いついた曲を即興的に弾いているのではないか、と思えてしまうほどに自然で、全く違和感が感じられません。
どこか聞き覚えのある南を感じさせるメロディ・ラインに乗せて弾くギターは、ラテン音楽としてもラウンジ・ミュージックとしても極上のサウンドを響かせてくれています。
なお、ジャケットには、U.S.A.の写真家Ellen Silverman(エレン・シルバーマン)が、「Cuban kitchens」シリーズの中の1枚として撮った近年のアルベルト・ロペス・パドロンの写真を使用しました。



この商品は2014年03月30日(日)に登録されました。

この商品をお求めのお客様はこんな商品もお求めになっています。