Isophonic Boogie Woogie

2,376円

カートに入れる:

Wish List

70年代後半に自主制作された特異なスピリチュアル・アンビエント・ジャズ・アルバムであり、アフロ・ミュージックとエレクトロニック・ミニマル・ミュージックが出会った比類なき作品。

ローランド・ヤングは、’60年代から’70年代にバークレー、サンフランシスコのアンダーグラウンドFM局でDJ・番組プロデューサーを勤め、ミュージ シャンの活動と併行し、音楽/思想/宗教/政治のメッセージを発信し続けた人物であり、ブラックパンサー党もその初期に支援している(後年は彼らの武力闘 争に異義を唱え支持を止めた)。’70年代初期にはスピリチュアル・ジャズのインフィニート・サウンドのリーダーとして活動しアルバムを発表。ところが、 ラジオでの過激な言動が問題となり(しかし一部には絶大な支持も受けていた)FM局から解雇。それを期に音楽活動に専念し、1978年代から2年あまりの 制作期間を経て1980年に自主制作で発表したのがこの1stソロ・アルバム『アイソフォニック・ブギ・ウギ』である。彼の言を借りれば、本作は彼が ミュージシャンとして目覚めて以来25年の、エレクトロニック/アコースティック、アンビエンス、ジャズとの道のり、室内楽、ミニマリズム、ワールド・ ミュージック、それらの出会いを統合したものであり、それがまさにひとつに鳴り響いているもの。自己内宇宙へのインナートリップを促す他に類のない冥想の 作品であり、今も説得力を持って迫るものである



この商品は2013年03月24日(日)に登録されました。

この商品をお求めのお客様はこんな商品もお求めになっています。