Time

2,849円

カートに入れる:

Wish List

またしても、Honest Jonsがデレク・ベイリー再評価に火を付けます!Peter BrötzmannやSteve Beresfordなど、世界各地の名プレイヤーの数々と共演してきたカンタベリー出身のジャズ・マルチ奏者、Tony Coe(1934-)と我らがフリー・インプロヴィゼーション・ヒーロー、Derek BaileyによってIncusからリリースされていたリーバーサイド・スタジオ・ロンドンでの1979年の録音が実に40年の時を超えて初のヴァイナル・リイシュー!現代音楽の潮流を作ったとも評された、作曲家であり指揮者でもあるPierre Boulez(1925-2016)の下でもクラリネットの演奏をしてきたトニー・コーの蛇行するアラベスクな演奏は、網目を縫うように緻密でいて、ベイリーの即時の境地と共に古典的な楽譜では表現不可能な精妙で躍動感に満ち溢れた響きになっています。両者共にAnton Webernからの影響を認めているそうで、歳も4つしか違わない2人の演奏、自ずと気が合っているような気がします。未発表レコーディングも追加収録。


この商品は2019年01月25日(金)に登録されました。